コラーゲン 食材

コラーゲンを多く含む食材&効率的な摂り方をご紹介

コラーゲンを多く含む食材をあなたはどれだけご存知ですか?このサイトではコラーゲン含有率の高い食材や効率的に摂取する方法をご紹介しています。

TOP > コラーゲンを多く含む食材&効率的な摂り方をご紹介

コラーゲンの多い食材

コラーゲンを多く含んでいる食材としては大きく分け2種類あります。一つが動物性食材、もう一つが海洋性食材です。動物性食材は脂身の多い肉が多くあり、鶏の皮や豚足などがありますが、個人的におすすめなのは鶏の骨を煮込んで作るスープ。とんこつラーメンのスープにもコラーゲンは含まれていて、美味しくいただけるのでおすすめです。食材には他にも手羽先や牛すじ、軟骨や牛テール、豚のバラ肉などもあります。

次に海洋性食材についてですが、フカヒレやすっぽんなど高級食材もありますが、エイヒレやうなぎ、魚の皮や蒲鉾、カレイやクラゲなども海洋性食材です。ここでもすっぽん鍋や中華料理などスープで摂取するのがおすすめ。海洋性食材の種類は他にもあり、ゼリーやゼラチン、杏仁豆腐やプリンなどありますが、高カロリー食材でもあるのでダイエット中の方はご注意を。

こうしたコラーゲンを効率よく摂取するためにはそれなりの方法を実践する必要があります。もともとコラーゲンというのは多くのアミノ酸、ペプチドからできています。ですので、アミノ酸やペプチドのようなそのままの形では体内へ効率よく取り込むことはできません。効率よく吸収させるためにはコラーゲンタンパク質を分解して粒子をとても細かくする必要があります。今では低分子化した粉末タイプの商品も売られているので、こういったアイテムを上手に利用するといいでしょう。

コラーゲンペプチドは吸収率が高く、保存方法も比較的容易で冷やしても固まることはありません。ドリンクとして販売されていることもあるので、スーパーへ行く際は注意して探してみてください。こういったアイテムを選択することでコラーゲンをコラーゲンペプチドなどの状態で効率よく体の中へ吸収することができるようになります。

賢い摂取方法

先ほどはコラーゲンを多く含む食材をご紹介しました。これら食材をいつでも食べることができればいいのですが、男の一人暮らしなど食事から摂取することが難しいこともあります。そういう時に便利なのがサプリメントで摂取するという方法。コラーゲンは何種類ものアミノ酸から構成されています。体内へ取り込んでからさまざまな場所へ運ばれ、再び体内でコラーゲンを再構成して利用していきます。ですが、体内でコラーゲンを再構成する力も年令とともに衰えていくもの。ですから、歳を取れば取るほど食事からコラーゲンを摂ることは難しくなっていくのです。

コラーゲンの多い食材は基本的に高カロリー。ですから、必要な栄養素だけを摂取できるサプリメントを利用するほうがより効率的だと言えるでしょう。女性なら健康と美容のために上手にサプリメントを利用してください。コラーゲン摂取のコツとしては一度に多くを摂るより、一日何回にも分けて摂るのが効果的。また、毎日飲むなど継続的に摂取していくほうがいいのです。サプリメントにもいろんな種類があり、パウダータイプ、ドリンクタイプ、粒タイプの中からご自身のライフスタイルに合わせて選んでください。

ビタミンCとコラーゲンを同時に摂取することで吸収率を高めることが可能です。先ほど、コラーゲンは体内で再構成されるとお伝えしましたが、この再構成の時にビタミンCが活躍してくれるのです。同時接種することで骨やお肌、関節などの働き、サポート力を高めて毎日の生活と健康維持に役に立つことでしょう。

ここで初回したコラーゲンサプリメント以外にもコラーゲン製品はたくさんあります。ネットサーフィンでコラーゲンランキングサイトを探して、あなたにぴったりのコラーゲン製品を探してみてはいかがですか?